鳴子中央公園 遅いかもしれないけれどビートルベッドが

鳴子中央公園の山林に少しは現れるカブトムシ
数年前から大きなケースの過中での大量飼育などへのチャレンジが行われていましたが、鳴子に「緑のまちづくり活動承認」団体に鳴子きずなの会になったことでまた新しいチャレンジが始まりました。
でも今回は、名古屋市や緑土木事務所、近隣のプレーパークや里山づくり団体からのノウハウも得るなどのバックボーンも得ながらの試みです

鳴子中央公園の山林という鳴子に残された昔ながらの自然を生かして、広葉樹豊かな環境をカブトムシの産卵場所として大切にする「自然と共生する人と自然の狭いけれど豊かになる可能性山林」として鳴子中央公園を利用し、活用し、育てていく試みの第一歩です
マスコミで目にする「COP10」とか「生物多様性」とか「SDGS」とかにも大きく関係する作業です

これは名古屋市緑政土木局緑地利活用室や緑土木事務所とのの「市民による協働」作業です

公園は市民が参加できることが少ない名古屋市などの公共の財産です。
山林はその中でも自由に市民が使い方を決めれる大事な地域の資源です
名古屋市や緑区などと一緒に使いやすい公園のはじめの一歩を、小さく、さり気なく中央公園の一角の陣地から始まりました
広葉樹の樹にカブトムシの産卵があれば今からでも間に合うはずの。ちょっと遅いスタート
鳴子地域の住民の手で、落ち葉をこの陣地にどんどん入れて産卵の孵化をしやすい環境を作って行きましょう

第2回鳴子納涼夏祭りフォトコンテスト

近日開催予定のイベント

鳴子カレンダー

鳴子カレンダー

サイト内の検索ができます

鳴子ポータルサイトは
あなたの投稿がつくります。

イベント情報、サークル情報、お店の情報などなどお寄せ下さい!



bn_鳴子クリニック
bn_みんなの診療所