7月24日(土)鳴子中央公園林の自然観察会

極暑が続いた4連休の3日目
中央森(ちゅうおうもり)の木などを見ることで、この森の貴重さ、現在までの歴史、今後何もしないとどうなるのか?を知るための森の観察会
12名参加

この公園内の一見何でもない林。この林が特別なのは「天然林」だから

鳴子中央公園の他の「植えた木」などと違うのは、「昔からずーっとあった木の林」だから

 数十年以上前から森に住んでいた人が、落ち葉を集めたり、松かさを集めたりする生活といっしょに暮した林だから
 しかしこのまま何もしないと、高い木の葉だけが茂って暗い森になってしまう危険性が高い。
 この林を以前と同じように、どんぐりが落ちて葉が出て育ち、樹同士が密集しないように切った切り株から葉が出て大きくなる森
太陽の光が地面まで届いていろいろ木が出てきて、いろいろな種類と高さの木と、四季折々の花も咲く林
 そんな林には、昆虫も微生物も花も鳥も多様に暮らす
 そういう森にするにはこれからどうすればいいのか?を考えるきっかけになった観察会

近日開催予定のイベント

鳴子カレンダー

鳴子カレンダー

サイト内の検索ができます

鳴子ポータルサイトは
あなたの投稿がつくります。

イベント情報、サークル情報、お店の情報などなどお寄せ下さい!



bn_鳴子クリニック
bn_みんなの診療所