夏休みに「花の水やりボランティア」をしてくれた鳴子台中学校の生徒にお礼の手紙

9月27日、鳴子台中学校の「花の水やりボラ」さん参加の71名の生徒に、花咲かボランティアの数人の感謝の気持ちを中学校を通じて配っていただきました

 夏休みにも水やりの活動中に何度も生徒に伝えてきましたが、全員にまとまった形で伝えた方がいい、という考えに中学校も賛同してくれて実現しました

2021年9月27日

夏休み花の水やりボランティアに参加の生徒さんへ
鳴子きずなの会・花咲かボランティアからのお礼

季節はすっかり秋になり、夏も思い出になりつつある時期と思います。
夏休みの間、花の水やりに参加してくれてありがとう。高齢の私たちにとっては夏の暑さの中での水やりや雑草抜き、花ガラ摘みはたいへんな作業です。ですから生徒さんの花の水やりボランティア活動は本当に助かりました。みんな感謝しています。
また、同じ鳴子地域に住む大人と若いみなさんがいっしょに、同じ地域に住んでいる縁
で花の水やりを一緒にできたことは未来につながる気がしてうれしかったです。

このボランティア活動も3年目を迎えた今年、生徒さんの当番日以外の参加の多さに私たちはびっくりしました。より自発的なボランティア活動ですね。毎日来てくれた人もいました。本当に感謝し感動しています。
また、3年生の生徒さんが2年生や1年生にやり方を教えることも多く、中学校に入ってまだ3か月半の1年生が心強く感じているのも今年ははっきりとわかりました。見ている私たちも気持ちがよかったです。
さらに、生徒さん同士でチーム分けや役割づくりを決めていく自律した行動も今年の大きな特徴でした。私たち大人の手を借りなくても運営できていけそうなボランティア活動に次第になっていくのを強く感じています。
いろいろな人が関わって育った花は、鳴子地域に関係するいろいろな人とのつながりを生んでいきます。「花を見てその美しさを楽しむ」のと同時に「花が生きてきた地域の人たちの関わり」を感じるようになっていくことも大きいと思います。
鳴子きずなの会は、今後も花やイベントやいろいろな活動を通じて、鳴子地域で住民同士がつながり、さらに世代を超えていくようなことをしていきたいと考えています。また鳴子のどこかでみなさんと会えることを楽しみにしながら

文責:鳴子きずなの会代表 木村浩二

近日開催予定のイベント

鳴子カレンダー

鳴子カレンダー

サイト内の検索ができます

鳴子ポータルサイトは
あなたの投稿がつくります。

イベント情報、サークル情報、お店の情報などなどお寄せ下さい!



bn_鳴子クリニック
bn_みんなの診療所